サッカーのこと

Jリーグ 2019 J1 第2節 結果

Jリーグ2019 J1 第2節の結果は以下の通り

ホームスコアアウェイ
ヴィッセル神戸1 – 0サガン鳥栖
川崎フロンターレ1 – 1鹿島アントラーズ
サンフレッチェ広島0 – 0ジュビロ磐田
横浜F・マリノス2 – 1ベガルタ仙台
清水エスパルス2 – 4ガンバ大阪
名古屋グランパス2 – 0セレッソ大阪
浦和レッズ0 – 2コンサドーレ札幌
湘南ベルマーレ2 – 3FC東京
大分トリニータ0 – 1松本山雅FC

勝ち 神戸、横浜、G大阪、名古屋、札幌、東京、松本
負け 鳥栖、仙台、清水、C大阪、浦和、湘南、大分
引き分け 川崎、鹿島、広島、磐田

ヴィッセル神戸初勝利\(^o^)/

名古屋、横浜FCが連勝。調子良さそうですね。攻撃力すごい。

まだ2節目なんで特に順位は関係ないですね。

横浜FCのスピード感がすごい

三好選手、天野選手、仲川選手、気持ちいいほどパスが繋がって攻めてきますよね。

スルーパスの精度も高いし、ドルブルもキレてますし、ハマったらとても手強い感じ。

見てておもしろいサッカーしてますね。

DAZN 週間ベスト5ゴール

名古屋の赤崎選手は2つ選ばれてますね。
どちらもホントにいいシュート。僕は特に2本めが好きです。

ヴィッセル神戸の採点&寸評

サッカーダイジェストの採点&寸評
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=54819

MOMはJリーグ初得点を決めたダビド・ビジャ選手(7点

開幕戦で担った左ウイングではなく、この日はセンターフォワードで出場し、鋭くDFの背後を突いた。その動きが実ったのが54分。相手のクリアミスを見逃さず、冷静にゴールに流し込み、J初ゴールをゲット!

ゴール以外にもデフェンス裏への動き出し等、相手の嫌がる動きをたくさんしてましたよね!

そしてダンクレー選手も7点!

守備ではクロスをことごとく撥ね返し、攻撃では効果的な縦パスで起点になった。特に34分のビジャへの鋭いパスはお見事。最終ラインの新たな軸になりそうな予感だ。

マジでめっちゃ良かった。予想以上だったダンクレー選手。
強豪チームの崩しにどこまで対応できるか楽しみになりました!

 

一方、鳥栖の方は

フェルナンド・トーレス選手(5点

ボールを持てばすぐに相手に囲まれ、苦しんだ。空中戦でもダンクレーと大﨑の壁を打ち破れず、沈黙した。

これはヴィッセルの守備が良かったのもありますけど、パスが全然回ってこなかったですね…。がんばって欲しいです。

 

松岡大起選手(6点

17歳9か月にしてJデビューを果たすと、機動力を活かし、攻撃の軸を担った。息切れして存在感を失った後半以上に、前半のハイパフォーマンスが印象に残る。

展開が悪かった中、17歳が堂々たるプレー。これから注目しておきましょう!

 

今週もおもしろかったJリーグ。
スタジアムに足を運んだ試合で勝ちが見れてよかった!

今週もガンバレ!ヴィッセル神戸!